頭皮 湿疹 シャンプー 女性

頭皮に湿疹ができた時のシャンプーはどれを使えばいい?

頭皮にできてしまう赤いポツポツ。

 

頭皮が赤くなって湿疹ができ、かゆみを生じるという症状なら、頭皮湿疹の可能性があります。

 

放っておくと悪化して、抜け毛や薄毛になってしまう可能性もあるので、早めの対処が必要です。

 

頭皮に湿疹ができた時のシャンプーランキング@女性用

 

頭皮湿疹の原因は頭皮へのダメージ

 

頭皮湿疹は、乾燥肌や敏感肌の方に起こりやすいといわれています。

 

頭皮改善をするなら、地肌に低刺激のシャンプーを選びましょう。

 

洗浄力の強いシャンプー、ヘアカラーやパーマは頭皮に強い刺激が加わるのでよくありません。

 

市販のシャンプーは、石油系合成界面活性剤が使われているものが多く、頭皮に刺激が強すぎて、かぶれを起こすこともあります。

 

まずは、シャンプー選びを見直してはどうでしょうか。

 

このサイトでは、頭皮湿疹に効果のあるアミノ酸系シャンプーをランキング形式でご紹介します。

 

参考にしてみて下さいね。

 

頭皮に湿疹ができた時のシャンプーランキング

 

コラージュフルフルネクスト

 

 

日本初!フケ・かゆみを防ぐ抗カビ成分配合

 

菌もニオイ洗う薬用シャンプー&リンスの公式サイトはこちら

 

  • 持田ヘルスケア(持田製薬グループ)が開発した、薬用のシャンプー&リンス
  • 頭皮湿疹の原因の1つである、真菌に対して効果を発揮します。
  • コラージュフルフルネクストは、フケ原因菌を抑える、抗カビ成分の「ミコナゾール硝酸塩」を、日本で初めて、シャンプー、リンスに配合

 

 

価格

シャンプー200ml 1,600円 / リンス 200ml 1,600円

内容量

200ml

備考

すっきりさらさらタイプとうるおいなめらかタイプがあります。400mlなら各3,000円です。

 

コラージュフルフルネクストの総評

 

コラージュフルフルネクストは、フケ原因菌を抑える、抗カビ成分の「ミコナゾール硝酸塩」を、日本で初めて、シャンプー、リンスに配合しました。

 

頭皮環境を改善して、頭皮の湿疹もケアします。

 

また、頭皮のにおいを防ぐ、抗酸化・抗菌成分の「オクトピロックス」を配合し、Wの有効成分を独自に処方!

 

薬用で低刺激・無色素・無香料にもこだわりっているので、肌が敏感な方でも安心してご使用いただけます。

 

さらに、コラージュフルフルネクストは、自分の頭皮、好みに合わせて2タイプからお選びいただけます。

 

■頭皮が油っぽい方は、「すっきりさらさらタイプ」
■頭皮が乾燥しやすい方は、「うるおいなめらかタイプ」

 

自分に合ったシャンプー&リンスでフケ・かゆみを防げる、コラージュフルフルネクスト。

 

フケ、かゆみで悩んでいる人は一度試してみたいですね。

 

 

菌もニオイ洗う薬用シャンプー&リンスの公式サイトはこちら

 

 

 

 

すっぴん地肌

 

 

すっぴん地肌

 

すっぴん地肌の公式サイトはこちら

 

  • 頭皮の油分は残したまま、毛穴の汚れや雑菌だけを落とすことができるので、頭皮湿疹にも効果的です。
  • 頭皮の油分を残したまま清潔に保つことができる湯シャン専用スカルプクレンジングローション。
  • 成分は頭皮の肌成分に合わせた弱酸性です。
  • 毛穴の汚れを優しく落とすことができて、頭皮と髪の健康に役立つ天然植物エキスをふんだんに配合。

 

 

価格

シャンプー200ml 1,600円 / リンス 200ml 1,600円

内容量

200ml

備考

すっきりさらさらタイプとうるおいなめらかタイプがあります。400mlなら各3,000円です。

 

すっぴん地肌の総評

 

 

芸能人が実践していることでも話題の、シャンプーを使わずにお湯だけで頭を洗う方法「湯シャン」。

 

シャンプーを使わないことで、「頭皮に必要な油分を奪わずに、頭皮の健康を保つことができる」という発想からのもの。

 

でも、やはりお湯だけでは頭皮の汚れをちゃんと落とすことは難しいですよね。

 

そもそも、いくら頭皮の油分を残しても、汚れや雑菌が蓄積しては頭皮に良いわけがありません。

 

頭皮にとって一番良いのは、「頭皮の油分を残したまま清潔に保つこと」なのです。

 

そこで開発されたのが、湯シャン専用スカルプクレンジングローション「すっぴん地肌」です。

 

成分は頭皮の肌成分に合わせた弱酸性で、頭皮に必要な油分は残したまま、毛穴の汚れを優しく落とすことができます。

 

また、頭皮と髪の健康に役立つ天然植物エキスをふんだんに配合することで、潤った清潔な頭皮に植物エキスが浸透し、イキイキとした頭皮を実現します。

 

湯シャンに興味がある人はもちろん、元々頭皮のかゆみやにおいにお悩みの人や、髪に不安をお持ちの人まで、頭皮ケアを意識しているすべての人にお勧めできる商品です。

 

 

すっぴん地肌の公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

スカルプDボーテシャンプー【ボリューム】

 

 

 

スカルプDのアンファーストアの公式サイトはこちら


 

  • 頭皮の肌タイプ別に商品を提案します。
  • 天然植物由来、頭皮ケア成分を贅沢配合
  • 濃密泡で心地良い洗い上がり

 

 

価格

3,900円

内容量

350ml

備考

定期購入なら15%オフです。

 

 

スカルプDボーテシャンプー【ボリューム】の総評

 

頭皮環境の正常化・清潔にするというスカルプDボーテシャンプー。

 

頭皮環境を改善してくれます。

 

アットコスメでの口コミもよく、納得できる使用感だと満足の声が多いんです。

 

頭皮湿疹など、トラブルを抱えている人には改善のきっかけになりそうですね。

 

 

スカルプDのアンファーストアの公式サイトはこちら


 

 

 

 

この頭皮の湿疹、何?

 

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

 

頭皮に湿疹ができる症状は、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)かもしれません。

 

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は、脂漏性湿疹とも呼ばれます。

 

頭皮だけでなく顔の小鼻のまわりや耳の後ろ、脇の下にも発症します。

 

頭皮に発症した場合は、髪の生え際がベトついたり、かゆみが出ます。

 

主な原因は、常在菌(マラセチア菌)が繁殖して炎症を起こすことです。

 

放っておくと、頭皮が悪化して、ふけのようなかさぶた、加齢臭のようなにおいを生じることもあります。

 

皮脂欠乏性皮膚炎(湿疹)

 

頭皮のバリア機能が低下し、乾燥して角質がはがれます。

 

皮膚がガサガサしたり、白い粉をふいたようになったり、ひび割れて痛い場合もあります。

 

人によっては痒みを伴う場合も。

 

特に冬には頭皮も乾燥しやすいので、皮脂欠乏性皮膚炎が見られることが多くなります。

 

シャンプーによる洗いすぎも乾燥を招くので注意しましょう。

 

アトピー性皮膚炎

 

アトピー性皮膚炎の特徴は、かゆみのある湿疹が眼のまわり、肘や膝の裏側、耳など全身にできることです。

 

アトピー性皮膚炎を患っている方には頭皮のかゆみ、フケといった症状に悩んでいる方が多くいます。

 

原因は、はっきりしていません。

 

接触性皮膚炎

 

頭皮に接触した物質の刺激やアレルギーによって発生する湿疹でです。

 

それぞれ「刺激性皮膚炎」と「アレルギー性皮膚炎」に分けられます。

 

どちらも刺激物質に触れると、数時間以内に赤く腫れあがる症状がでます。

 

ヘアカラー剤やシャンプー、リンス、整髪料なども原因となる場合があります。

 

脂漏性皮膚炎の原因は皮脂の過剰分泌

 

マラセチア菌は常在菌で常に皮脂線や毛穴に住んでいるもの。

 

しかし、皮脂が過剰に分泌することで増殖してしまい、これが脂漏性皮膚炎を引き起こす原因となるんです。

 

そのため、大切なのは、皮脂の過剰分泌を抑えること。

 

実は、この皮脂の過剰分泌にかかわっているのが女性ホルモンのバランスなんです。

 

不規則な生活やストレスなどが蓄積すると、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなります。

 

バランスが崩れた結果、女性ホルモンの分泌量が減ってしまい、男性ホルモンが優位のバランスに要注意です。

 

男性ホルモンが皮脂腺を肥大化し、皮脂の分泌量を増やします。

 

すると、脂漏性皮膚炎を引き起こす状態となってしまうのです。

 

もともと、脂漏性皮膚炎は女性よりも男性に多い皮膚炎なのですが、女性にも脂漏性皮膚炎は増えていると言われています。

頭皮湿疹ができたからといって、シャンプーをしないのは逆効果

 

シャンプーを2、3日しないと頭が痒くなりますよね。

 

これは頭皮の皮脂が増えて、皮脂が大好きなカビ菌が皮脂をエサとして増殖しているからです。

 

シャンプーせずにいると頭皮の皮脂が増えてしまい、頭皮のカビ菌が皮脂をエサとして食べ、排出する成分が頭皮に刺激になって、赤くなったり痒くなったりするんです。

 

だから、頭皮に湿疹ができた時には、低刺激のシャンプーで優しく洗い上げるのがポイントです。

 

ただ、カラーやパーマは刺激になるのでやめておきましょう。

 

頭皮湿疹がある場合のシャンプー方法をチェック

 

頭皮湿疹を悪化させないのシャンプー方法をチェックしてみて下さい。

 

ちょっとしたことを気を付けるだけで、頭皮環境がよくなることもあります。

 

ぬるま湯で洗う

 

頭皮の皮脂を落としすぎないように、熱湯で頭を洗わないようにしましょう。

 

人間の平均体温は35〜36度です。

 

それ以上の温度で洗うと頭皮の皮脂を落としすぎてしまいます。

 

理想のシャワーの温度は、35〜36度以下か、1〜2度高いくらいに抑えましょう。

 

40度以上のシャワーでは、熱すぎますので、注意して下さい。

 

爪をたてない

 

爪をたててゴシゴシ頭皮をこすると、傷が付きます。

 

指の腹で優しくマッサージするように洗います。

 

マッサージブラシを使うのもいいですね。

 

ドライヤーでしっかり乾かす

 

ドライヤーでしっかりと頭皮から髪の先まで乾かしましょう。

 

洗髪した後に、半乾きでいるのはよくありません。

 

頭皮に雑菌が繁殖しやすくなるからです。

 

頭皮に雑菌が繁殖しないように、しっかりと頭皮を乾かしましょう。

 

ドライヤーのあてすぎに注意

 

ドライヤーの温風は100度を超えていていると言われています。

 

熱に弱い髪に100度を超える熱風を当て続けると、髪や頭皮が乾燥し痛むのは目に見えてますよね。

 

温風と冷風を交互に当てて、頭皮が熱くならないように注意しましょう。

 

頭皮にコンディショナーをつけない

 

コンディショナーをつけるときに、頭皮につけてしまっていませんか?

 

それでは毛穴を塞いでしまうので、頭皮によくありません。

 

また、頭皮にコンディショナーをつけると髪がべたつく原因にもなります。

 

コンディショナーをつけるのは毛先だけで十分。

 

毛先になじませたらすぐに洗い流しましょう。

 

頭皮に湿疹ができた時のシャンプーの選び方

 

洗浄力の強い合成界面活性剤配合のシャンプーは避けましょう。

 

低刺激シャンプーなどを使うのがオススメです。

 

アミノ酸系洗浄成分などを使って、皮脂の分泌を正常に保つようにしましょう。

 

頭皮湿疹を改善するには、シャンプー選びから始めましょう。

 

シャンプーの前にブラッシングをしないこと!

 

頭皮に湿疹やかさぶたができているときは、刺激を与えないことが大切です。

 

シャンプー前にブラッシングするこがを習慣になている人は、症状が治るまでやめましょう。

 

ブラシで傷がついてしまうと症状がひどくなることがあります。

 

頭皮に湿疹ができた時のシャンプーランキング@女性用